ジャパンタイムズで紹介されました。

FOOD & DRINK | THE HIGH GROUNDS

Social Good Roasters: Balancing coffee and community

BY CLAIRE WILLIAMSON

STAFF WRITER

 
 
 

At first glance, Social Good Roasters looks like any other third-wave coffee shop in Japan. Tucked away on a side street in Tokyo’s Kanda neighborhood, the space is a chic, minimalist affair in concrete, wood and shades of gray, with plenty of light streaming in through the floor-to-ceiling windows.

A bright red, cheeky-looking shoebill — the Social Good Roasters’ logo — greets visitors at the door. It’s quiet inside: The music is muted, and the main noise is the gentle rasp of green coffee beans being sorted by the half-dozen people seated around a central table.

 

Given the location, atmosphere and even industry, it might surprise first-time visitors to learn that Social Good Roasters is a social welfare organization that specifically employs people with disabilities such as Down syndrome and autism and teaches them everything from how to sort unroasted coffee beans to the process of brewing and roasting.

According to Nobuyuki Takaishi, a director at Social Good Roasters’ parent company, Beans, Social Good Roasters is a Type B shūrōkeizokushien (support for continuous employment) company. Boiled down, it means that the employees — Takaishi refers to them as “members” — aren’t employed on long-term contracts and, among other things, have more flexibility in their shifts and breaks.

Right now Social Good Roasters employs 10 members, mainly in their 20s and 30s, who are supported by six additional staff. Members’ salaries start at ¥300 per hour, double the average hourly wage of other Type B companies. Tasks vary based on individual interests and comfort levels: Members who want to learn how to roast coffee beans can do so, first on a small practice roaster and later on the shop’s large black-and-gold Giesen, but it’s not a problem if all they want to do is sort coffee beans or prepare packaging for individual drip packs.

“It’s natural for people to want to work in a place they like,” says Takumi Sakano, a Beans company representative. He pulls out his phone and flips through a few photos of other Type B workplaces. Typically, they’re small and old and feel a bit like run-down classrooms or community centers — the opposite of Social Good Roasters’ welcoming vibe.

According to the NPO Center for Disability Employment Creation, there are over 13,500 Type B employment spaces nationwide. However, Sakano estimates that there are only 10 to 20 “cool” social welfare workplaces in Japan, many in difficult-to-reach areas outside city centers.

“Compared to other countries, people with disabilities in Japan have much less employment choice,” says Sakano. “So the first thing we wanted to do was create jobs and a workplace that would make people think, ‘I want to work here, I want to try this.'”

Social Good Roasters takes its coffee as seriously as its social mission. Its specialty is the eponymous “Social Good Roasters Blend,” a medium roast that combines beans from Brazil, Bolivia, Colombia and Burundi.

Since Kanda is largely a business district, the goal was to craft a balanced brew that would be easy for people to drink on a daily basis. On first sip it’s the perfect level of sweetness and body, a coffee to suit any mood or situation.

Although the space only opened in July, Social Good Roasters’ dedication to quality is already producing results: Just last month, a member of the shop’s supervising staff won a medal at the Specialty Coffee Association of Japan (SCAJ) Roast Masters Team Challenge 2018.

“There’s an impression that goods made by people with disabilities are low-quality,” Sakano says.

Social Good Roasters is working to change that perception by participating in national and local events such as the Welfare Festival held every October in Chiyoda Ward. This year the organization plans to sell cups of coffee and handmade single-serve drip packs of its signature blend.

With the day’s shift winding down, members sorting beans slowly pack away their tools and take off their hygiene masks. As they sit around the table, drinking a cup of coffee and making quiet conversation with other staff, a sense of accomplishment effuses the shop space.

“People who like people (work in) coffee,” Sakano asserts. Looking at the smiles on everyone’s faces, it’s clear he’s found the happy balance between coffee and community.

Landpool Kanda Terrace 2F, Kanda-Nishikicho, Chiyoda-ku, Tokyo 101-0054; 03-6811-0895; sgroasters.jp; open Mon.-Fri. 7:30 a.m.-4 p.m.; closed Sat., Sun.; coffee from ¥350; nearest station Ogawamachi

一応訳してみました。

ソーシャル・グッド・ロースターズ千代田(以下はSGR)は一見、他のサード・ウェーブ・コーヒーショップと同じように見えます。

東京の神田エリアの脇道にあり、コンクリート、木材、グレーを使ったシンプルでシックな内装になっており、床から天井までの窓から光が溢れています。

鮮やかな赤いハシビロコウ(SGRのロゴ )が入り口でお客様を迎えます。 店内は音もなく静かで、中央のテーブルに座っている数人の障がい者の皆さんが生豆の選別をしている音が店内に穏やかに流れています。

場所や雰囲気、コーヒー焙煎所ということを考えると、SGRが社会福祉団体であることを知って、初めて訪れた人は驚くかもしれません。具体的には、精神障害ダウン症発達障害などの障害を持つ人々を雇用し、焙煎される前のコーヒー豆を一粒一粒選別し、焙煎・抽出するプロセスすべてを教えています。

SGRを運営するの一般社団法人ビーンズの理事・高石信幸氏によるとSGRは、就労継続支援B型事業所とのこと。ここで働いている障がい者は「メンバー」と呼ばれており、長期雇用契約はしておらずシフトや休憩の柔軟性があるそうです。

現在、SGRでは10名のメンバーを雇用しており、主に20代と30代の6人の追加スタッフがサポートしています。メンバーの給料は1時間当たり300円から。他のB型事業所の平均時間賃金の2倍です。コーヒー豆の焙煎を学びたいと思っているメンバーは、小さな練習用焙煎機で始めて、後には店の大きな黒と金のギーゼンで焙煎することもできます。彼らがやりたいことがコーヒー豆を選別したり、ドリップパックの包装をしたりしたいのであれば、そこに問題はありません。

 「人々が好きな場所で働きたいというのは当然のことです」とビーンズの代表者である坂野拓海氏は語ります。彼は自分のスマートフォンから他のB型事業所の写真をいくつか見せてくれました。 典型的に、それらは小規模で古い教室やコミュニティセンターのような感じがします。SGRの歓迎的な雰囲気とは反対です。

NPO雇用創出センターによると、全国に13,500以上のB型事業所の雇用スペースがあります。しかし、坂野氏が言うには日本には「クールな社会福祉施設」は10〜20のしかないと考えています。

「他の国と比較して、日本の障害者は雇用の選択肢がはるかに少ない」と坂野氏は言います。「私たちがやりたかったのは雇用と職場を作って、『私はここで働きたい、私はこれを試してみたい』と思うようにすることでした。」

SGRは、コーヒーを社会的使命のように真剣に受け止めています。その特産品は、ブラジル、ボリビア、コロンビア、ブルンジ(記事が書かれている時点)の豆を組み合わせた中煎りの「ソーシャル・グッド・ロースターズ・ブレンド」です。

 神田は主にビジネス街なので、目標は、人々が日常的に飲むのが簡単なバランスのとれた醸造物を作ることでした。最初の一口。それは完璧な甘さとボディで、あらゆる気分や雰囲気に合うコーヒーです。

このスペースは7月にオープンしたばかりですが、SGRの品質への取り組みはすでに成果を上げています。ちょうど先月、このショップに勤めているスタッフが参加しているチームが日本のスペシャルティコーヒー協会(SCAJ)のローストマスターズチームチャレンジ2018でメダルを獲得しました。

「障害を持つ人々が作った商品は品質が低いという印象があります」と坂野氏は言います。SGRは、千代田区で毎年開催される福祉祭りなど、国・地方のイベントに参加することで、その認識を変えようとしています。 今年は、コーヒーと手作りのシングルドリップドリップパックを販売する予定です。

 1日のシフトが終わると、豆を選別しているメンバーは、ゆっくりと道具を片付け、衛生マスクを脱ぐ。 彼らはテーブルの周りに座って、コーヒーを飲んで他のスタッフと静かに会話をしている。店内では達成感であふれていました。

「人が好きな人(コーヒーで働く人)」と坂野氏は主張している。 みんなの笑顔を見ると、彼がコーヒーとコミュニティによる幸せなバランスを見つけたことは明らかです。