コーヒールンバ

コーヒールンバ”と言ってもコーヒーの香りを放ちながらお掃除するロボット掃除機のことではありません。♪コーヒールンバという歌の話 です。1961年に西田佐知子が歌って、その後は1992年に絶頂期の荻野目洋子もカバーしている名曲。そんでもってこの歌詞が、あの井上陽水もカバーしちゃった!ってくらいブっ飛んでいます。

f:id:welovecoffee:20190527112422j:plain f:id:welovecoffee:20190527112446j:plain

コーヒールンバ(作詞家・中沢清二)

昔アラブの偉いお坊さんが 恋を忘れた あわれな男に

しびれるような香りいっぱいの こはく色した 飲みものを教えてあげました

やがて心ウキウキ とっても不思議このムード たちまち男は若い娘に恋をした

コンガ マラカス 楽しいルンバのリズム

南の国の情熱のアロマ それは素敵な飲みもの コーヒー モカマタリ

みんな陽気に飲んで踊ろう 愛のコーヒールンバ

 

作詞した中沢清二氏は1960年代当時(インスタントコーヒーが出始めた頃)の日本人のコーヒーに対するエキゾチックなイメージをそのまま表現したらしいですが、初っ端から“アラブの偉い坊さん”って、だれ?アラビア語を話す仏教徒?めっちゃ少ないし、常識的に考えてイスラム教ってことになると、イスラム教で坊さんは居ないだろ!って話。コーヒー=アラブって発想もなぁ・・・今でこそブラジル、コロンビアとか南米とかアフリカのイメージが強いですけど、当時はコーヒーと言えばアラブだったんですかね?アラブって言ったらアラビアンコーヒーだから日本では一般的じゃないですよ。“しびれるような甘い香り”→“心ウキウキ”この表現もおかしくない?おそらくカフェインの効果でウキウキってことなんでしょうけど、でもカフェインは体の内部を活性化させるので逆に鎮静効果があるんですよ。つまりウキウキな気分を抑える方「とりあえず、落ち着こう!」みたいな。

“コーヒーモカマタリ”ってのはイエメンのコーヒーらしいので舞台が中東なのは間違いなくて、“モカ”ってのはイエメンの港の名前だそうで、モカ港から出荷されたイエメンのコーヒーのことをモカマタリ、エチオピア産だったらモカハラーとか呼ぶらしいです。私なんぞは“モカ”と聞くと甘くて飲みやすい印象のコーヒーを思い浮かべます(←この認識もド素人ですね(>_<) 目新しい嗜好品のコーヒーっつーことで、最後は“みんな陽気に飲んで踊ろう”って、もうほとんどお酒じゃん(苦笑)。どうも酔っぱらったノリで、知っている言葉を並べ立てて書いただけのような歌詞だし、そもそもこの歌のリズムは“ルンバ”じゃないみたいです。そんな勢いだけで書かれたような歌詞だとしても、これからも様々なシーンで歌われていくほどの名曲として、未来永劫(大袈裟)残っていくんでしょう。つまり、時として“勢い”が功を奏すこともあるワケで、悩んでいても分からないことは「えいやぁ!」ってやっちゃっうことも大事なんだと、この歌は教えてくれてます(ちがう!ちがう!)

因みに原曲はベネズエラの歌らしいですから、中東から南米へひとッ飛び!原題は『♪コーヒーを挽きながら』。内容は以下です。

 

午後の生まれ変わる日差しが弱まり暗くなる頃

静かなコーヒー農園の静けさで感じるのは

あの悲しい歌(あの歌声はなに?)

古い工場の悲しい愛の歌がまた聞こえる

うつろな夜 片思いにうめき その愛の悲しみ

マヌエルはサンボ(zambo)を切ない気持ちにさせる

疲れ果てた夜 コーヒーを挽いていた

 

こちらはしみじみとした恋の歌。マヌエルという女性に片思いしているサンボ(先住民と黒人の混血)がコーヒーを挽くという話。いやぁ、情景描写が切ないわぁ。ノリだけで書いたような歌詞の歌謡曲バージョンも切ない歌詞の原曲も、テンポは同じくリズミカルです。

 

<ついでにバッハとコーヒーの関係を石川太郎アナウンサーのブログより抜粋>

1730年頃の話。音楽の父と呼ばれるバッハが『コーヒー・カンタータ』という曲でコーヒーに夢中の娘・リースヒェンを戒めていますが、この歌詞がなかなか面白い!

 

♪10代の子供ときたら頭痛のタネ 無数の厄介事のもと!

日ごと 娘のリースヒェンに説教し続けて 私はもう ふらふらだ

ところがリースヒェンときたら 分っちゃいないのだ

リースヒェン まったくこの不良娘め! ちょっと来なさい!

お前は行いを 正そうと思わんのか そのコーヒー狂いを やめないかっ

 

♪愛する父よ そんなに怒らないで頂戴 朝に 夕に 一杯のコーヒーを飲まなきゃ

私、干からびたおばあちゃん山羊みたいになっちゃうわ

ああ!千回の接吻よりも素晴らしく マスカットのワインよりも かぐわしい

ああ!コーヒーに賛美を ああ!無上の幸福

ああ!コーヒー ああ!かぐわしいコーヒー コーヒーを飲めば 元気になれるわ♪

 

しかし、千回の接吻よりも素晴らしいって、どんだけだよ!

f:id:welovecoffee:20190527112252j:plain

コーヒーは1516年にアラブ地域を占領したオスマン帝国がヨーロッパに持ち込んだことで、ローマ(1602)、ベネツィア(1615)、オランダ(1618)、イギリス(1641)、パリ(1657)、ドイツ(1670)と伝播。バッハの居たドイツではコーヒーブームのせいでお家芸のビール産業が大打撃を受け、コーヒー豆の多大な輸入による貿易不均衡が問題となり、時の王・フリードリヒ2世が「コーヒー条例」を出して外来の飲料に高関税をかけるに至ったそうです。

当時は絶対的な男社会だったヨーロッパでは、高価となったコーヒーを女性に飲ませるべきではないという風潮にあり、イギリス・ロンドンでコーヒーハウスが女人禁制となったように、バッハの生きたドイツでも、「飲むと不妊になる」などと言っては女性のコーヒー嗜好を戒める雰囲気に満ちていたという。娘のコーヒー好きを嘆く父親の背景には、こうした社会情勢があったとのこと。

バッハの遺産リストには楽器や楽譜と共に5つのコーヒーポットとカップ類をも記していたんだそうです。因みに楽聖ベートーベンもコーヒー1杯分に豆を60粒正確に数えるという本人創意の独特の手順に従って、いつも正しくコーヒーをいれていたとのこと。コーヒーってほんと、底が知れないなぁ。

おいしいコーヒーの真実

コーヒーに関する仕事をしていたら、やはりこの作品について触れておかないとまずいでしょう。以下はWikipediaからの抜粋。

 『おいしいコーヒーの真実』(英題:Black Gold)は、2006年に公開(日本では2008年公開)された英米合作のドキュメンタリー映画エチオピアでのコーヒー生産農家の地位向上のために活動するタデッセ・メスケラに焦点を当て、世界経済・貿易の不均衡と搾取の実態をレポートしたもの。

全世界で1日20億杯飲まれるコーヒーは、石油に次ぐ取引規模を誇る国際商品であるが、その莫大な市場規模に対してコーヒー農家に支払われる対価は低い状況が続いている。そんな中で1990年から2000年にかけて発生した国際市場相場の暴落は生産者の生活を崩壊させ、麻薬植物の栽培へ転向する生産者が出るような状況に陥っている。

アフリカ・エチオピアでそうした状況を打破しようと生産者組合を組織して奮闘する活動家タデッセ・メスケラに密着し、コーヒー農家の過酷な生活実態と、取引相手となる先進国大企業の不公平な取引事情を描く。『公式サイト』ではそのキャッチとして「1杯330円のコーヒーから生産者が手にする金額を3-9円」と紹介している。

f:id:welovecoffee:20190426162742j:plain f:id:welovecoffee:20190426162805g:plain

世界の事柄を紹介するようなドキュメンタリー番組などを見ていると、途上国で粗末な衣服を身につけた人々が、何らかの搾取をされているシーンというのを目にしますが、まさにそれです。近年、ファストファッションのブランドが、過酷な労働環境のなか低賃金で働かせていて問題になったことがありましたが、そのコーヒー版ですね。過酷な労働環境が描かれます。コーヒー栽培では生活出来ずに農園を手放す人やコーヒー農園から麻薬栽培に変える人も、さらに驚かされるのは、その代価が大差なかったりと、観ていると何とも言いようのない苦い味が広がりました。世の中が生まれながらに公平なんてことは思っていませんが、少なくとも不公正は人々の手でどうにかなる部分が多いと思います。適正な価格で取引されれば貧困に喘ぐ人々が少なくなり、当然緊急支援も少なくなるし、使われる金額も減る。結局は巡り巡って自分たちに帰って来る。昔♪Love is blindという切ない歌が流行りましたが、この場合はGreed is blindですね。『愛』も『欲』も過ぎたるは及ばざるが如し。やはり、コーヒーブレイクは必要ってことです。そんな時にたまには地球の裏側のことなどを考えてみましょう。

 ご覧になってない方は是非観て下さいね。既に10年以上前の作品ですので、現在はどんな状況なのか分かりません。少しでも好転していると良いのですが・・・今の私に出来ることはコーヒー好きの方にこういう映画があることをお知らせすることくらいです。

 

データ(Webサイト『映画「おいしいコーヒーの真実」がアツイ!?』から引用)

・コーヒーは世界約70カ国で生産されており、コーヒー農業に従事する労働者は2500万人以上。

・ 世界市場において、コーヒーの年間売上高は800億ドルを超える。

・ 世界市場で石油に次ぐ巨大な国際的貿易商品。

・ 全世界での一日当たりの消費量は約20億杯。

  • 日本は、アメリカ、ドイツに次いで世界第3位の輸入国。
  • エチオピアでは5人に1人がコーヒーで生計を立てている。
  • エチオピアではコーヒーが、国の輸出額の67パーセントを占めている。
  • エチオピアは高品質のコーヒーを産出することで知られている。

・世界のコーヒー市場を支配するのは、4つの多国籍企業

・クラフト・フーズ(世界第二位の食品会社。日本ではAGFとして知られている)

ネスレ(世界最大の食品会社)

・ P&G(米国の大手日用品メーカー)

・ サラ・リー(シューケア製品ブランド KIWIが有名)

・コーヒーの価格はニューヨーク(アラビカ・コーヒー)とロンドン(ロブスタ・コーヒー)での先物相場によって決定される。

・ 2001年から2003年の間、コーヒーの価格は30年間の中で最低まで落ちた。

エチオピアは最貧国のひとつであり現在はこの20年間でも最も緊急支援に依存している。平均して年間700万人の人々が、緊急支援を必要としている。

・アフリカの国際商取引の割合が1パーセント上がるだけで、年間700億円を生み出すことができる。これは、この大陸が現在支援で得ている額の5倍に当たる。

・ 日本でのフェア・トレードのシェアは、レギュラー・コーヒー市場において0.2%程度。イギリスでは焙煎粉コーヒーの約2割、アメリカで全コーヒーの約2%がフェアトレードになっている。

POPEYE4月号/ぼくのまち、東京。 に掲載されました。

4月9日発売の『POPEYE』でソーシャルグッドロースターズ千代田が紹介されました。今回は簡単な取材だったこともあり、控えめな記事ですが、それでも取り上げられると嬉しいものですね。

f:id:welovecoffee:20190417113341j:plain  f:id:welovecoffee:20190417113452j:plain





 

TCF2019spring東京コーヒーフェスティバル

4月14日、15日(土日)の二日間に渡って、青山にある国連大学敷地内で行われたTCFに1日(15日)だけですが、参加しました。私はSGRに関わる前はコーヒーにはとんと縁のない人間だったので、とにかく初めてのことが多くて面くらってばかりなのですが、このイベントもまた物凄い盛り上がりで驚きました!小生はホンの30分ほど顔を出しただけですが、一日参加していただいたスタッフ&メンバーはさぞかし疲れたことだろうと、容易に想像ができます。皆さま、本当にご苦労さまでした。イベント自体は青山という土地柄もあり、国際色豊かでとても華やかな印象でした。246に面した表側は毎週行われているファーマーズマーケットがそのまま開かれており、中庭に国内外の様々なコーヒーショップが集まっていて、個性的な味を披露していました。目についたのは売れているかは別の話ですが、関連グッズがやたらと多かったことですね。

f:id:welovecoffee:20190415130337j:plain f:id:welovecoffee:20190415130402j:plain

f:id:welovecoffee:20190415131542j:plain f:id:welovecoffee:20190415131605j:plain

SGR紹介のカードを配りながら「コーヒーの焙煎をやっている福祉作業所です!」と伝えると「ん?」と足を止めて下さる方が多く、その後に「1杯のコーヒーを飲んでいただけると社会貢献に繋がります!」と畳みかけると、さらに一歩足が前に進む感じでした。やはり人々の福祉に対する捉え方が以前に比べて高くなっているのを、こういうイベントに参加すると生で感じますね。反応する目の色が単なる物珍しさから「もう少し深く知りたいかも・・・」的な感じに変わって来ているですよね。もしかしたら潜在的に興味を持っている人は私たちが思っているよりもかなり多いのかもしれません。表参道駅へ向かいながら、この流れが大きくなれば良いなぁ・・・と、鈍色の空の下想う2019年の春でした。

新元号は『レイワ』だけど、関西で『レイコゥ』と呼ぶものは?

いよいよ新元号が決まりました。友人の令子さんは「モテ期が来るかも!」と喜んでいます。巷では、その元号に賛否があるようですが、昭和天皇崩御した時を知っている者としては『平成』よりは違和感がないですね。最初は“令”の字に「“命令”の“令”?」と、なんか微妙な印象を持ちましたが、“令嬢”とか“令息”とかもあるなと思ったら、気にならなくなりました。さて、『レイコゥ』です。最近は死語になったそうなので知らない方も多いかもしれませんが、関西方面ではアイスコーヒーのことを『レイコゥ』と呼んでた時期がありました。『冷たいコーヒー』だから『冷コーヒー』→『冷コー』→『レイコゥ/レーコー』と変化したみたいです。大学で大阪から来た知人が喫茶店で「わし、レイコゥな」と発した時には「れい子って誰?」なんて思ったもんです。本人は日本全国で通じる言葉だと思っていたようで「へ?なんなん?」とか言って、驚いていましたね。まぁ、考えてみればレモンスカッシュは全国的に『レスカ』と呼びますからね(本当か?)、レイコゥもそういうもんだと勘違いしても仕方のないところでしょう。そのアイスコーヒーも海外に行くと『ice coffee』じゃなくて『iced coffee』になります。他にもちびっちゃい『ミルク』を関西では『フレッシュ』と呼びますね。

 地域によって呼び方が異なるモノなんて星の数ほどあって、それぞれにワケがあって味があります。「みんなちがって、みんないい」by misuzu kanekoって奴ですよ。日本全国共通語ほど詰まらないものはないです。時代は平成から令和へ、喫茶店がカフェになり、「レイコゥ、ある?」なんて言葉が聞きたいと思っても、平成を飛び越して「昭和はさらに!遠くになりにけり」ですな。

 遠い目をしながら、ちょいと調べていたら『冷珈器(レイコウキ)』ってのが出て来ました。アイスコーヒーを作る時に使用する器具なんですけど、このネーミングはやはり関西の『レイコゥ』から来てるんですかね?だとしたら、伝統は受け継がれています!(そうなの?)

f:id:welovecoffee:20190403103441j:plain f:id:welovecoffee:20190403103912j:plain f:id:welovecoffee:20190403103958j:plain

f:id:welovecoffee:20190403104100j:plain 冷珈器でレイコゥをいれてるとこ!



 

たんぽぽコーヒー

初耳です!生まれはアメリカみたいです。Wikipediaによりますと、

 焙煎したタンポポの根から作る飲料。名前に“コーヒー”と付いているが、コーヒー豆は使用されていない。タンポポにはクロロゲン酸化合物が含まれており、風味や飲み口はコーヒー豆で作ったコーヒーに近い。カフェインを含まず、不眠症患者や子供、妊娠・授乳期の女性でも飲用できる。(中略)たんぽぽ茶と呼ばれる場合もあるが、焙煎されていないものを指す場合もある。1830年代の『New York Albion』に作り方の紹介記事が掲載されたのが最初と言われ(中略)1886年9月の『Harpers New Monthly Magazine』でも紹介され、安価な代替嗜好品として知られるようになった。また、コーヒー豆の供給が困難になった第二次世界大戦の交戦国、特にドイツで代用コーヒーとして広く飲まれた歴史を持つ。

f:id:welovecoffee:20190315112754j:plain f:id:welovecoffee:20190315112835j:plain

要は代替品でコーヒーではないんですね。焙煎しないと“お茶”になるとか、根っこだし、漢方っぽい香りがプンプンします。今でも普通に商品として売っているというのも驚きでした。でも、代替品だとしても本物を知らなければ、それが偽物かどうかは分かりません。逆に代替品に慣れ親しんでた場合、後から本物を知ってもそちらを偽物ように感じても仕方ないってこともある。つまり、カニカマをカニの身だと信じて食べていれば、その人にとってはカニカマが本物になるってこと?そう考えると、何が本物で何が偽物かなんて意味がなくない?中には「本物のカニの身を食べたことないって、可哀そう!」とか言われるかもしれないけど、大事なのは自分の価値観を信じること。その価値観は人からとやかく言われる事じゃない。私なんか「プリンに醤油をかければウニの味」という話が流行った時に「美味い!美味い!」って一時期やたらと食べてました。醤油よりも麺つゆがベスト!あれ?なんだか変な話になってきたぞ。とかアホなことを考えていたら、ウチのスタッフが通りがかったので知ったかぶりして「ねぇ、たんぽぽコーヒーって知ってる?」と訊いたら「ああ、あれはコーヒーの味なんかしませんよ。全くの別物っすね」とあっさり言われた。じゃんじゃん!

f:id:welovecoffee:20190315112930j:plain←こんな風に売っているみたいです。

 

J-WAVE『SUNRISE FUNRISE』の“CRAFT MARKET”にて紹介されました。

先日J-WAVEの取材を受けたんですが(パーソナリティのレイチェル・チャンさんが技術スタッフの皆さんと共に来店)、ラジオのインタビューって妙に緊張しますね。取材時にはもっともっと伝えたいことがたくさんあったのですが、オンエアされた内容はとても良くまとまっていて、さすがだと思いました。オンエアをここに貼り付けるワケには行かないので、内容を簡単に書き起こします。

 

<店内音にレイチェルさんの言葉がかぶり、施設長へのインタビューへ>

入るとコーヒーの甘くて香ばしい香りがします。すぐに飲みたくなりました。お邪魔します。

「すごくオシャレなビルでデザイナーズ物件のようにも見えるんですけど・・・」

「そうですね、その辺りはけっこうこだわって作りました」

「外観もオシャレなんですけど、中に入ってくるとグレーをベースに赤のアクセント、そして大きなカウンターがあって、その奥に作業するスペースがありますね。この空間はどういう空間なんですか?」

「ここはカフェのように見えますけど、基本的には福祉施設で就労継続支援B型という施設になります。奥の方では障害を持った方々がここの商品を一生懸命作ってくれています。」

「今も実際に皆さん、黙々と作業をしてらっしゃいますけど、どんな作業をされているんですか?」

「今日はドリップバッグの製作をずっとやってますね」

「ひとつひとつ豆を計っている方も居たり、シールを貼ったりとか・・・」

「そうですね、後は袋を閉じて1個1個、またそれをそれぞれの袋(パッケージ)に入れる作業をしています。」

「インテリアもそうですし、内装も焙煎機も拘りが凄く感じられるんですが、こちらのお店のコンセプトはなんですか?」

「通常のB型の福祉施設というと地味で暗くてということが多いんですけど、ここの一番最初のコンセプトはそういうところじゃなくて、皆が普通に「ここで働けたらかっこいいじゃん!」と思えるような施設を作ろうってのが、最初に来てるんですよ。」

 

<レイチェルさんNA>

ソーシャルグッドロースターズ千代田はモダンなカフェのような福祉作業所なんですよね。障がいを持つスタッフの方々がコーヒーにまつわるお仕事をされているんですけど、そのリーダーシップを取っているのが、プロの焙煎士の方です。そしてこちらの焙煎機も拘りの逸品です。焙煎技術を競う大会でも使用されているもので、日本にたった1台、ここにしかないというギーセン社のものを採用されています。最高のコーヒー豆がここで作られているんですが、その秘訣を教えて頂きました。(答えているのは指導員の焙煎士)

 

「どういう風な個性を出したいと思って焙煎されているんですか?」

「私が心掛ける個性というものは味の特徴ではなくて、長く美味しく飲んで頂けるということを心掛けて焙煎しています。」

「長くというのは、どういうことですか?」

「焙煎をするとコーヒー豆の水分が抜けていきます。その水分を抜くと他の食品と同じく美味しい状態が長く続きます。水分を残してしまうと最初は良くても1週間くらい経つと味が直ぐに落ちて行ってしまいますので、焼き立てだけでなく、日にちが経っても美味しく飲んで頂けるのが、特徴です。」

「なるほどねぇ、知らなかったです。」

 

<コーヒー試飲>

「はぁ、この香り、落ち着きます。いただきます・・・苦過ぎず、でもしっかりとコクがあって、コーヒーの甘い香りとまた違う印象が・・・これ、飽きの来ない味ですねぇ。」

「飲み始めと、飲み途中、飲み終わりとそれぞれに味が出るものを組み合わせてありますので、ズッと同じ味ではないです。」

「そういうことなんですね、うーん、美味しい・・・笑」

 

<レイチェルさんNA>

一流の焙煎士、世界有数の焙煎機で作ってもらったコーヒー、ほんとに美味しかったですね。味が変わっていく、最初に飲み始めた印象がスっとしていて、奥にまろやかなコクが広がるんですけど、今スタジオでいただきながら放送していて、これ冷めてもまた美味しいというね、そういうことを意識して焙煎されているという話をうかがって、ホントにね、なんか作ってくれている方の顔を想像しながらまた飲むのも美味しいなと思いました。是非皆さんにもね、遊びにいってコーヒー豆も買って欲しいなと思うんですが、こちらコーヒー豆の販売がメインなんですね。ですが、店頭で1杯350円で飲むことが出来ます。是非是非お試し下さい。そしてここで働いている障がい者スタッフの方にもお話をうかがいました。(答えているのはSさん)

 

「こちらとの出会いはどういうきっかけだったんですか?」

「私はちょっと体調を崩して病気になってしまって、働いていた会社を辞めました。2年くらい働けない時期があったんですけど、こちらを紹介されて、週2で最初は通うようになりました。私は2年間、外にも出たくなかったし、活動するのが難しかったんですけど、ここに来て楽しくて週5、週4か?通えるようになって来ました。」

「週2から週5に増えてきて楽しくて、どういう部分が一番楽しいですか?」

「そうですね、最初はこういう福祉の事業所で働くイメージが、まさかこんなオシャレでキレイな空間、カフェというところで正直びっくりしたんですね。その環境の中でプラス、自分はこういう風になりたいなぁとかの思いを持てるような仕事をさせていただいていて、スタッフさんの方々も、ホントに一流の焙煎士の方に教えていただいたり、コーヒーのプロの方々が実際指導してくださって、コーヒーの知識を身につけつつ、自分がちゃんと社会で働いていけるんだなぁという思いを持てるようになって、それでやっぱり楽しくなってきましたね。」

「ここに来だして、将来何かしてみたいなぁって、何か希望とか夢とか増えました?」

「増えましたねぇ、トップクラスの焙煎士の方に教えていただく、補助をさせていただいてるっていうのが、凄いモチベーションになっていて、私もコーヒーの仕事にかかわって行けたらいいなと思うようになりました。」

 

<レイチェルさんNAから再度施設長インタビューへ>

良い環境が良い循環を作るってこともこの店を作った目的の一つと聞いています。

 「普通の人は8時間働けますけど、ちょっと弱いところがあって3時間しか働けない、と言っても能力的には変わらないので、その辺りはキチンとやって行きたいなぁと思っていますね。社会的弱者の人たちがモノを作ってもそれに対しての価値は普通の一般の人たちと何も変わらないということを目指してやってるんです。皆さんウィークポイントとかありますけど、そういうことに関係なく作れるものは一緒なんだ、皆と何も変わらないというモノをどんどん出していきたいですね。」

 

<レイチェルさんNA>

凄く印象深かったのは誰でも強いとこと弱いところがあって、弱いところはあえてするのではなくて、強いとこを重点的に作業していけばいいじゃないかっていう、凄く素敵だなぁと思いましたね。お互いが補いあって社会を作っていくこと。これをホントに具現化というか形にしている場所だなぁと感じました。そしてコーヒー!ホントに美味しかったです。私も個人的にコーヒー豆を買ったんです、お家で飲むようにね!是非、行ってみて下さい。焙煎機がまたレトロで、あのメカ好き?すっごく素敵なので、そういうのを見に行くってのもいいかもしれないですね。すごく大きな機関車のようにも見えたし、蓄音機?昔ながらのアンティークなようなモノにも見えました。本当に空間が素敵です。是非行ってみて下さい。

 

レイチェル・チャンさん始め、スタッフの皆さん、本当にありがとう御座いました。

https://www.j-wave.co.jp/original/sunrise/craft/156.html